2013年8月21日水曜日

DONUTチームのブログを移行しました。

DONUTチームの
ブログをtumblrに移行しました。
アドレスは下記のとおりです。

http://donutrock.tumblr.com/


よろしくお願いいたします。

2013年6月22日土曜日

DONUT vol.4 発売決定!




VOL.4 巻頭特集:BIG BEAT CARNIVAL A GO GO

表紙はグリーンとパープルの2種類あります。ランダムに納品されるため色は選べません。内容は同じです。

[BIG BEAT CARNIVAL A GO GO Photo Document]
ARABAKI ROCK FEST.’13のBAN-ETSUステージで繰り広げられたBIG BEAT CARNIVAL A GO GO。長い長い2日間のフェスの中の90分間のステージにスポットを当て、写真家・岩佐篤樹が渾身のフォト・リポート。30ページを超えるボリュームで、奇跡のコラボレーションの数々をレコード。

[特別対談:池畑潤二×大江慎也×百々和宏]
下北沢で博多対談が実現!池畑潤二と大江慎也、そして百々和宏が語る荒吐、博多、ルースターズ!1万字ロックンロール放談。

他にも、ARABAKI ROCK FEST.プロデューサー・菅真良インタビュー/最年少参加アーティスト・hotspringイノクチタカヒロ、音楽評論家・今井智子がザ・ルースターズを再検証/出演アーティストからのコメント/編集長・秋元美乃によるARABAKI初参加ルポなど、48ページにわたって「奇跡の90分間」をレコードしました。

第2特集としてWEEKEND LOVERSの写真とルポを12ページにわたって掲載。「次世代のロックンロール・バンドへのインタビュー」にはDroog と つしまみれ が登場。MEET THE BEATLES はGRAPEVINEの田中和将。MR.PANはマイクについて熱く語り、DONUT LIFEは「なぜ、アナログレコードを聴くのか?」というテーマでお送りします。今号もノー広告、部数限定で販売。定価900円+税。7月10日〜全国取扱い店にて。

さらにDONUT(SMALL)創刊! A3ペーパーを四つに折った小さなDONUT。1号には下北沢の路上で激写した池畑潤二×大江慎也×百々和宏の貴重なショット。コレクターズ加藤ひさしチェンジエナジー・インタビュー。フジロックコラムを掲載。6月30日までにDONUT SHOPと一部取扱店でvol.4をご予約の方、および定期購読者のみ、無料で付いてきます。もし7月1日以降、在庫が生じた場合は、DONUT SHOP限定でvol.4購入者に差し上げます。(非売品)

DONUT(S) 対象ショップ:DONUT SHOP(編集部による通販)、下北沢・ジーザスダイナマイトジャパン、西荻窪・信愛書店、茶房高円寺書林、仙台・バザー、大阪・オールド・ハット・ギア、京都・ファビュラス、福岡・ムーヴメント、那覇・高良レコード、定期購読者。

くわしくは特設サイトへ:http://donut.main.jp/book/vol4/

2013年4月11日木曜日

4/13sat〜5/12sun DONUT展@test, harajuku tokyo


DONUT vol.3の完成とコラボキャップ第2弾の発売を記念して
DONUT店を原宿test,で開催します。
入場無料。皆さん、ぜひ遊びに来てください。

会場:test,(原宿)/東京都渋谷区神宮前3-22-6 (03-5775-1537)
地図:http://www.ca4la.com/shop/test.html
期間:4月13日(土)〜5月12日(日)
時間 : 11:00〜20:00 http://test-tokyo.com/

内容:DONUT vol.1〜vol.3の誌面から20点以上の写真をパネル展示
   ●表紙の別バージョンの展示
   ●DONUT×CA4LAコラボレーションキャップ第2弾の販売
   (1点1点手作りのCA4LAワークスにより制作)
   ●DONUT vol.1、vol.2、vol.3の販売(vol.1は若干数のみ)

展示:●ARABAKI BLUESステージから数点(写真・岩佐篤樹)
   ●The Birthday武道館から数点(写真・新保勇樹)
   ●浅井健一(写真・岩佐篤樹)
   ●ドレスコーズ(写真・岩佐篤樹)
   ●ザ・コレクターズ(写真・岩佐篤樹)
   ●ギターウルフ(写真・石井麻木)
   ●ACIDMAN(写真・石井麻木)
   ●ザ・クロマニヨンズ(写真・新保勇樹)



↑この新しいフライヤーも展示します。ご自由にお持ちください。


2013年4月10日水曜日

vol.3のロックンロールが降ってきた日は志磨遼平さんと石橋凌さんです

DONUT vol.3の
ロックンロールが降ってきた日は、
志磨遼平さんと石橋凌さんのお話を収録。

志磨遼平さんは自分が
影響を受けたレコードを紹介しながら、
どんどん話がヒートアップ。
なぜ毛皮のマリーズを辞めて
ドレスコーズを結成しなければ
ならなかったのかを熱く語っています。
志磨さんのファンの方からも、
これを読んでようやく納得できた、
わだかまりがとれた、
とのリアクションがあるなど、
ひそかに反響を巻き起こしています。

石橋凌さんは苦労時代を支えた
レコードについてのお話。
本当に凌さんがやりたかった音楽を
表現するまでの道のりを語っていただきました。

レコードにまつわる物語は
ミュージシャンの人生の物語でもあります。
未読の方はぜひDONUT vol.3を手にとってみてください。

くわしくは公式サイトまで:http://donut.main.jp/



DONUT vol.3(2013年3月30日発売/2013年春号/季刊) 表紙:ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト+真島昌利) 巻頭特集25p:甲本ヒロト&真島昌利:TALKING ABOUT VINYL RECORDS/ザ・クロマニヨンズ 2013.3.6 渋谷O-EAST LIVE PHOTOS/ロックンロールが降ってきた日:志磨遼平(ドレスコーズ)、石橋凌/インタビュー:ギターウルフ(セイジ)、ACIDMAN(大木伸夫)、倉内太、Drop’s(中野ミホ+小田満美子)/OVERSEAS:ウィルコ・ジョンソン 2013.1.10 南青山レッド・シューズ LIVE PHOTOS/MEET THE BEATLES:加藤ひさし(ザ・コレクターズ)/DONUT LIFE:なぜ私はフジロック・フェスティバルへ行くのか?(本誌編集長・秋元美乃)/BACK TO THE MONO:MR.PAN(ザ・ニートビーツ)/Like It:編集部のコラム

2013年3月27日水曜日

ヴィレッジヴァンガード渋谷宇田川店にて販売決定!

いよいよDONUTが渋谷に進出です!
3/30(土)より、渋谷センター街・地下にあるヴィレッジヴァンガード渋谷宇田川店にて

DONUTを取扱ってくださることになりました。
vol.1、vol.2、vol.3と並びます。
(vol.1の創刊号は在庫僅少のため数に限りがあります)

vol.3でインタビューしている倉内太さんのライブに行った際、

ご紹介いただいた女性がいました。
その方は、ヴィレッジヴァンガード渋谷宇田川店のスタッフの方でした。
DONUTを見て「ぜひ、お店に置きたい」と声をかけてくださったことから、

話を進めることができました。

DONUTはいつも皆さんのあたたかい声から、少しずつ販路が増えています。

現在も、ひとつ話を進めている案件があります。本当にありがたいことです。

今日はvol.3のクロマニヨンズ特集号が刷り上がってきました。

よりシンプルな誌面になったと思います。
お手元に届いたら、ぜひ感想をお聞かせください。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
(秋元美乃)


-----------


DONUT vol.3(2013年3月30日発売/2013年春号/季刊)
表紙:ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト+真島昌利) 
巻頭特集25p:甲本ヒロト&真島昌利:TALKING ABOUT VINYL RECORDS/ザ・クロマニヨンズ 2013.3.6 渋谷O-EAST LIVE PHOTOS/ロックンロールが降ってきた日:志磨遼平(ドレスコーズ)、石橋凌/インタビュー:ギターウルフ(セイジ)、ACIDMAN(大木伸夫)、倉内太、Drop’s(中野ミホ+小田満美子)/OVERSEAS:ウィルコ・ジョンソン 2013.1.10 南青山レッド・シューズ LIVE PHOTOS/MEET THE BEATLES:加藤ひさし(ザ・コレクターズ)/DONUT LIFE:なぜ私はフジロック・フェスティバルへ行くのか?(本誌編集長・秋元美乃)/BACK TO THE MONO:MR.PAN(ザ・ニートビーツ)/Like It:編集部のコラム

お取扱店と通販の詳細は:http://donut.main.jp/store/




2013年3月19日火曜日

DONUT vol.3校了しました!

昨日、デザイナー事務所で
DONUTクロマニヨンズ号を校了。

DONUTとしてもツアー中のライブ写真を
20ページにわたって掲載するのは初めての試み。
まるで昔のコンサート・プログラムのよう。
ただコンサート・プログラムの写真って、
その前のツアーのものなので、
ちょっと臨場感に欠けていたけど、
今号のDONUTはまさに
リアル・コンサート・プログラム。

読者の皆さんにはこの写真を眺めて
「カッコいい!」と思ってもらえれば嬉しい。
それと同時に、この写真の向こう側に広がる
本物のライブ・ステージを
想像してもらえればもっと嬉しい。
クロマニヨンズのツアーはまだまだ続く。
DONUTにレコードされた瞬間、瞬間が
実際に目の前で動き出すところを
ぜひ観てもらいたい。
そうやって、
DONUTという本で完結するのではなく、
その先にある素晴らしいライブという空間に
皆さんが足を運びたくなることを願いながら、
ぼくたちは、毎号、DONUTをつくっている。
今回もその役割は果たせたように思う。

(森内淳)


-----------

DONUT vol.3(2013年3月30日発売/2013年春号/季刊)
表紙:ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト+真島昌利) 
巻頭特集25p:甲本ヒロト&真島昌利:TALKING ABOUT VINYL RECORDS/ザ・クロマニヨンズ 2013.3.6 渋谷O-EAST LIVE PHOTOS/ロックンロールが降ってきた日:志磨遼平(ドレスコーズ)、石橋凌/インタビュー:ギターウルフ(セイジ)、ACIDMAN(大木伸夫)、倉内太、Drop’s(中野ミホ+小田満美子)/OVERSEAS:ウィルコ・ジョンソン 2013.1.10 南青山レッド・シューズ LIVE PHOTOS/MEET THE BEATLES:加藤ひさし(ザ・コレクターズ)/DONUT LIFE:なぜ私はフジロック・フェスティバルへ行くのか?(本誌編集長・秋元美乃)/BACK TO THE MONO:MR.PAN(ザ・ニートビーツ)/Like It:編集部のコラム

お取扱店と通販の詳細は:http://donut.main.jp/store/



2013年3月14日木曜日

クロマニヨンズのライブ写真セレクトは難しかった

DONUTクロマニヨンズ号の
巻頭の写真を選ぶのに
合計4日くらいかかってしまった。
500枚から10枚ほどのセレクト。
しかもカッコいい写真を
ただ選べばいいかというとそうではない。
ページをめくっていったときに、
いかにスムーズに自然にめくれるかということが大事。
例えばこの写真の次にこれはないな、とか。
こっちの写真よりそっちの写真がカッコいいけど
そこに居るべき写真はこっちだろう、とか。
そうやって構成していく。

DONUTはA4版だからA5サイズで1pに2点、
見開きに4点掲載するということもできた。
そうすると掲載量は4倍になる。
しかも、雑多感があって、
流れをあまり気にせずに配置できる。
しかしぼくはどうしてもそれはやりたくなかった。
なるべく横位置の写真をA3サイズで掲載したかった。
そのほうがクロマニヨンズがもつ潔さを
伝えることができると考えた。
点数を落としても
最初から最後までひとつの物語のように
見せたかった。

果たしてその作業は、とても難しかった。
クロマニヨンズのライブをタツノコプロの
アニメーションに例えると、
ガッチャマンのカッコよさがある。
しかしファンの人ならわかると思うが、
クロマニヨンズの魅力はそれだけではない。
ガッチャマンのカッコよさに、
そこはかとなくハクション大魔王の
ユーモアが混ざっているのだ。
だから、ひたすらスタイリッシュな写真を並べても、
それはガッチャマンでしかなく、
クロマニヨンズの本質を捕まえることはできない。

たった20ページで
どうやってガッチャマンと
ハクション大魔王を同居させるのか。
ぼくらにつきつけられた
ハードルはあまりにも高かった。
だけどそれは4日間、熟考することで、
クリアできたと思っている。
カッコいいけど居心地が悪い写真ページではなく、
カッコいいし居心地もいい、というような
ページになったように思う。

読者に愛され、
大事に本棚に置かれることを
期待しながら発売日を待つ。

(森内淳)

-----------

DONUT vol.3(2013年3月30日発売/2013年春号/季刊)
表紙:ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト+真島昌利) 
巻頭特集25p:甲本ヒロト&真島昌利:TALKING ABOUT VINYL RECORDS/ザ・クロマニヨンズ 2013.3.6 渋谷O-EAST LIVE PHOTOS/ロックンロールが降ってきた日:志磨遼平(ドレスコーズ)、石橋凌/インタビュー:ギターウルフ(セイジ)、ACIDMAN(大木伸夫)、倉内太、Drop’s(中野ミホ+小田満美子)/OVERSEAS:ウィルコ・ジョンソン 2013.1.10 南青山レッド・シューズ LIVE PHOTOS/MEET THE BEATLES:加藤ひさし(ザ・コレクターズ)/DONUT LIFE:なぜ私はフジロック・フェスティバルへ行くのか?(本誌編集長・秋元美乃)/BACK TO THE MONO:MR.PAN(ザ・ニートビーツ)/Like It:編集部のコラム

お取扱店と通販の詳細は:http://donut.main.jp/store/


2013年3月12日火曜日

DONUT vol.3 予約受付中!


DONUT vol.3はクロマニヨンズが表紙・巻頭だ。
まさか自分がやる雑誌でヒロトとマーシーの
表紙や巻頭をやることになるなんて思ってもいなかった。
秋元と2人で音楽雑誌を思い切って始めたら
それは現実となった。

インタビューはアナログ・レコードについての雑談とした。
デザイナーの三浦さんには、ゆるすぎる、といわれた。
もしかしたらカリスマの貴重な言葉を求めている人には
期待はずれの内容かもしれない。
だけど、あえてそうした。

今でも中古レコード屋に行き、
100円箱をあさる彼らがいて、
それと同時によりよい音で聴くために蓄音機まで購入する彼らがいる。
いかに彼らがいかに現役の音楽リスナーであるかを伝えたかった。
そしてライブ・フォトグラフのページでは
クールとタフネスと現代的なユーモアが混在する
彼らのライブを10数点の写真を駆使して表現した。
そうすることによって
クロマニヨンズが、ヒロトとマーシーが
リスナーとしても、プレイヤーとしても
一線級であることを示したかったのだ。

ヒロトとマーシーもすっかり歳をとった。
心ない人たちは彼らが歳をとったことを揶揄する者もいる。
秋元もそういう心ないツイートを何度も目にしている。
そういう連中に、このDONUTを叩きつけてやれ、
という思いで、この本をつくった。
こんなにもレコードを聴くことを純粋に愛し、
こんなにも凄まじいロックンロール・ライブを体現している
ヒロトとマーシー、そしてクロマニヨンズを
印象だけで語るな、アホ! といいたかった。

クロマニヨンズの『イエティ対クロマニヨン』は
ロックンロールがポップであることを見事に証明した名盤だ。
そういうものを作り出せる彼らの核には
夢中になってリスナーを、プレイヤーを
楽しめている彼ら自身が常に存在しているのだ。
だからこそクロマニヨンズは支持されているのだ。
それだけを伝えたかった。
(森内淳)

-----------

DONUT vol.3(2013年3月30日発売/2013年春号/季刊)
 表紙:ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト+真島昌利) 
巻頭特集:甲本ヒロト&真島昌利:TALKING ABOUT VINYL RECORDS/ザ・クロマニヨンズ 2013.3.6 渋谷O-EAST LIVE PHOTOS/ロックンロールが降ってきた日:志磨遼平(ドレスコーズ)、石橋凌/インタビュー:ギターウルフ(セイジ)、ACIDMAN(大木伸夫)、倉内太、Drop’s(中野ミホ+小田満美子)/OVERSEAS:ウィルコ・ジョンソン 2013.1.10 南青山レッド・シューズ LIVE PHOTOS/MEET THE BEATLES:加藤ひさし(ザ・コレクターズ)/DONUT LIFE:なぜ私はフジロック・フェスティバルへ行くのか?(本誌編集長・秋元美乃)/BACK TO THE MONO:MR.PAN(ザ・ニートビーツ)/Like It:編集部のコラム

お取扱店と通販の詳細は:http://donut.main.jp/store/



2013年1月29日火曜日

DONUT vol.2配送をはじめました

DONUT vol.2はまずは取り扱いショップで
30日より販売(今29日フラゲできるショップもあり)。
通販分が30日から31日より
順次、到着し始めます。
Amazon分は2月1日くらいから到着し始めます。

3号(3月30日売り予定)からは
通販のシステムを少し変更するかもしれません。
その際は、またこのブログか
Facebookでインフォメーションします。

また感想などをアップしていただければ幸いです。
もうしばらくお待ちください。

DONUT公式サイト
http://donut.main.jp

(DONUT副編集長 森内淳)


2013年1月25日金曜日

ドレスコーズ、ツアー2日目を見た。


ドレスコーズ、ツアー2日目となる渋谷O-WEST公演(1/24)は、
ある種バイオレンスな攻撃性で1曲目から打ちのめされた。
これまで作品で耳にしてきたナンバーは、時に大きく輪郭を変え、
畳み掛けるように容赦なく繰り出された。
菅のダイナミックなドラムもさることながら、
特に目を引いたのがギター・丸山とベース・山中のプレイ。
昨年9月に見たライブとはまるで違うと言っていい、
そこには真新しいドレスコーズがいた。
サイケデリックかつ、どこかサイレンのようにも見えた照明に浮かび上がる4人の姿は、
改めてバンドの始まりを告げる警鐘そのもののようでもあった。
そして、ステージが進むごとにあることに気付く。
1曲目で感じたあの打ちのめされる感覚。
あの瞬間に打ちのめされたのは、私の、私たちの先入観だったのではないかと。

Trash」では、髪の毛を掻き乱しながら<まだ足りない!まだ足りない!>と、
心の叫びのように連呼した志磨。
続いてフロアから沸き起こった<派手にとどめをさしてくれ!>という大合唱。
また、「1954」の歌詞に刻まれた想いの深さが胸に沁みた。
時折、志磨が見せる笑顔が印象的だった。
この日、彼らは新曲も2曲お披露目。
まだまだ書きたいことはたくさんあるが、ツアーは始まったばかりなのでまたの機会に。
結成約1年でこの化けっぷり。この先が楽しみで仕方ない。
DONUT編集部・秋元美乃)

DONUT vol.2には、ドレスコーズの全員インタビューも掲載していますのでぜひ!

2013年1月21日月曜日

DONUT vol.1について

DONUT vol.1ですが
アマゾンでリリースしたところ大反響で
毎日のように追加注文が入ってきています。
ありがとうございます。
アマゾンに飛ぶと、「在庫切れ」になっていますが
これは納品数を注文数が常に上回っているために
このような表示になっています。
納品はアマゾンからの発注に合わせて
行なっていますために、
編集部でコントロールができない状態です。
「在庫切れ」にはなっていますが、
ポチっていただければ、
アマゾンから編集部に発注が入って、
即納することになっています。
また取扱店やサイトではvol.2とあわせ
vol.1も販売しています。
どうぞご利用ください。




DONUT vol.2も予約受付中です。

くわしくはDONUT公式サイトへ。


2013年1月18日金曜日

DONUT vol.2 表紙決定しました!


本日、無事に全ページ校了作業を終えました。
ついに表紙も発表です。
こんなバックショットがキマるバンドなんて、そうそういないと思います。

誌面にも書きましたが、実はこの表紙に至るまでには長い道のりがありました。
関わって下さった方々のそれぞれの思いを経て、
この写真に決めさせていただきました。
その思いと一緒に届くよう願っています。
ぜひ、中のフォト・ドキュメンタリーを最後まで目にしてほしいです。
また、今号は特集のThe Birthdayだけでなく、
インタビューに登場いただいた浅井健一、ドレスコーズ、
山中さわお、ザ・コレクターズをはじめかっこいい写真が満載です。
創刊号よりも、より雑誌っぽい作りになりました。

店舗・通販など予約受付中です。
よろしくお願い致します!
(秋元美乃)

☆DONUT公式サイトがオープンしました。
 http://donut.main.jp 

DONUT vol.2(2013年1月30日発売)
表紙:The Birthday 
<巻頭特集:The Birthday TOUR 2012『VISION』日本武道館公演>
●2012.12.19 VISION 日本武道館公演フォトドキュメンタリー
撮影:新保勇樹
<ロックンロールが降ってきた日>
●TOSHI-LOW(ブラフマン)
<ロング・インタビュー>
撮影:岩佐篤樹
●浅井健一
●ドレスコーズ
●山中さわお
●加藤ひさし×古市コータロー(ザ・コレクターズ)
<ニューカマー>
●りょーめー(爆弾ジョニー)
●ジョージ(Mop of Head)
<東北ライブハウス大作戦>
●西片明人
<新連載>
●MEET THE BEATLES 第1回目のゲスト:ROY(ザ・ボゥディーズ)
●Back to "mono"ーー眞鍋MR.PAN崇(ザ・ニートビーツ)

※お取扱い店舗やご購入の詳細は、DONUT公式サイトをご覧ください。
 http://donut.main.jp/ 

2013年1月15日火曜日

DONUT vol.2通販予約開始!

DONUT vol.2の通販分、予約開始しました。


DONUT vol.2(2013年1月30日発売) 表紙:The Birthday 巻頭特集:The Birthday TOUR 2012『VISION』日本武道館公演 ●2012.12.19 VISION 日本武道館公演フォトドキュメンタリー /ロックンロールが降ってきた日●TOSHI-LOW(ブラフマン) /ロング・インタビュー●浅井健一●ドレスコーズ●山中さわお●加藤ひさし×古市コータロー(ザ・コレクターズ) /ニューカマー●りょーめー(爆弾ジョニー)●ジョージ(Mop of Head) /MEET THE BEATLES●ROY(ザ・ボゥディーズ)/東北ライブハウス大作戦●西片明人/Back to "mono"●眞鍋MR.PAN崇(ザ・ニートビーツ)

価格945円(税込み・送料無料)

予約受付は公式サイトのストアまでお願いします。

予約方法は3つです。

1.取扱店に予約する。(1月30日に確実に入荷します)

2.DONUT SHOPより「クレジットカード」か「銀行振込」で購入する。

3.Amazonで予約する(Amazonの予約受付日は未定)

今回から郵便振替の受付はありません。銀行振込の振込手数料はお客様の負担です。発送は1月28日ころを予定しています。商品の到着は1月31日ころになります。今回も数に限りがありますのでお早めの購入をおすすめします。

2013年1月10日木曜日

Amazonでの取り扱いを始めました

読者のご要望にお応えし、
DONUT vol.1が本日より
Amazonでも取り扱いを始めました。
価格は945円(税込み)送料は無料です。
現在、在庫切れになっていますが、
注文があれば、すぐに納品します。
vol.2の取り扱いについても
前向きに検討していますが、
納品数は限られると思います。
1月14日か15日頃に、アナウンスします。
今後ともDONUTをよろしくお願いいたします。

Amazon:http://amzn.to/UNiZOM


2013年1月1日火曜日

DONUT公式サイトが誕生しました!

長い間、このブログを公式サイトとして
利用してきましたが
本日よりDONUTの新しいウェブサイトが
オープンしました。

http://donut.main.jp

DONUTの最新情報や
通販や取扱ショップなどが
掲載してあります。
このブログ共々、よろしくお願いします。

DONUT vol.2(2013年1月30日発売)
表紙:The Birthday 巻頭特集:The Birthday TOUR 2012『VISION』日本武道館公演 ●2012.12.19 VISION 日本武道館公演フォトドキュメンタリー /ロックンロールが降ってきた日●TOSHI-LOW(ブラフマン) /ロング・インタビュー●浅井健一●ドレスコーズ●山中さわお●加藤ひさし×古市コータロー(ザ・コレクターズ) /ニューカマー●りょーめー(爆弾ジョニー)●ジョージ(Mop of Head) /MEET THE BEATLES●ROY(ザ・ボゥディーズ)/東北ライブハウス大作戦●西片明人/Back to "mono"●眞鍋MR.PAN崇(ザ・ニートビーツ)